船舶の省エネ装置・プロペラボスキャップフィンズ

  • ADVANCED PBCF

    改良型PBCF

    5%の省エネ技術は、開発者の技術と努力の結集

    改良型PBCFについて

    船舶省エネ装置として販売実績No.1のパイオニアが30年間の技術的蓄積を基に改良を重ね生み出した自信作です。PBCFのフィン形状を全面的にリニューアル。その洗練された形状により、更なる省エネ効果の向上を達成しました。

    • ・2017年5月の販売開始
    • ・250隻を超える受注実績(2019年11月時点)
    従来型 改良型

    改良型の
    向上した効果

    改良型の向上した効果

    従来型の特徴である、ハブ渦を解消することによる抵抗軽減、PBCFフィンのせき止め効果によるスラスト増加、
    PBCFフィンに作用する逆向きトルク、いずれの効果も向上しました。

    改良型PBCF – 優れた効果の確かな裏付け –

    最新船型の高効率船に対し、約5%の燃費削減効果を確認(従来型比 約+2%)

    28,000 DWT Bukl Carrier
    68,00 DWT LPG Tanker
    35,000 DWT Chemical Tanker

    水上取り付け
    実績

    改良型の向上した効果

    船にトリムを付けプロペラを水面上まで上げることができればPBCFの装着は可能です。
    次の入渠時期を待つ必要はありません。バルクキャリアーからVLCCまで多種に渡る船種に水上取り付けの実績有。姉妹船3隻のVLCCにおける比較評価を実施中。

    320,000 DWT VLCC (Laden)
    320,000 DWT VLCC (Ballst)

    水上取り付け前後比較の場合PBCF以外の相違点が無い為、PBCFの効果を明確に評価することが可能。
    改良型PBCF装着船の効果評価にあたり、就航データを基に当社から効果解析報告書をご提供いたします。

    他の省エネ
    不可物との複合効果

    模型試験での解析結果から、他の省エネ付加物と改良型PBCFのコンビネーションによって、更なる船舶の省エネ効果向上が実証されました。

    Energy Saving Effect

    飽くなき
    省エネ技術の追求

    模型試験において実船推定伴流分布を再現し、実船での省エネ効果を解明

    実船推定伴流分布再現の模型試験にて改良型PBCFの優れた効果 (4.0%超)を確認できました。

    320,000 DWT VLCC (Laden)
    320,000 DWT VLCC (Ballst)
    Effect of PBCF
    PBCF 模形効果計測試験(逆POT)

    水中騒音低減にて
    海洋環境保全に貢献

    改良型PBCFによる水中騒音低減効果を模型試験にて検証済み(約5dB削減)。
    水中騒音対策に有効な省エネキャップフィンとして、カナダ・バンクーバー港湾に最初に認められた確かな実力。

    Effect of PBCF
    PBCF 模形効果計測試験(逆POT)
    Frequency(Hz)

    模型試験にて100から1000Hz帯における、約5dBの騒音低減を確認しております。