原理と効果

HOME原理と効果

シンプルな構造で、確実な省エネ効果を発揮

原理

従来のボスキャップの場合では、キャップ後端部より強い渦「ハブ渦」※1が発生しており、プロペラ効率のエネルギー損失の原因となっています。
PBCFを取り付けることにより、PBCFのフィンがプロペラ後流の流れを変え、ハブ渦が消えてしまいます。この結果、推力を増大させ、同時にプロペラのトルクを軽減、プロペラ効率を向上させます。
※1 ハブ渦とは?
船の速力とプロペラの回転速度の両方のベクトルを持った水流は、プロペラ翼に適度の迎角で流入して来ますが、翼を通過した後は、強く翼の下面側に流れの向きを変えています。これが「ハブ渦」を作っています。
このハブ渦により、プロペラに伝達されたエネルギーが無駄に消費されてしまいます。

プロペラ翼を通過した水流は翼上下面の速力差により強く回転方向に曲げられ、ハブ渦を作っています。
ハブ渦などにより、プロペラに伝達されたエネルギーの約1割が無駄に消費されています。

clear

プロペラ翼によって曲げられた水流がPBCFのフィンを軸回転方向に押すため、軸トルク抵抗が3%強減ります。また、PBCFのフィンによる地面効果がプロペラ翼の揚抗比を改善し、推力も1%強増加します。

clear
clear

効果

PBCFを付けることにより、同じ速力においては約5%の燃料削減効果、または同じ馬力においては約2%の増速効果が得られます。

その他の効果

  • プロペラトルクリッチの軽減
  • 船尾振動、水中騒音の軽減
  • 舵エロージョンの解消
clear

内航小型船から外航大型船まで、これまでに100隻 以上の実船で、速力試験や就航データによる解析を行ってきました。
PBCFは、プロペラの単独効 率を改善する装置であり、その効果は船の種類と大きさ、馬力、回転数、船速等に殆ど左右されません。

clear